株式会社美鷹

RECRUIT 採用情報

INTERVIEW社員インタビュー

PROFILE

2008年 6月入社外浦 卓弥
テクニカル事業本部 部長補佐
01

みんな、社長の男気に魅かれて、ここにいる。
それがなかったら、10年以上も、ここにいない。

社長に拾ってもらい、社長が自分をまともにしてくれた

Q 入社の経緯は?

社長に拾ってもらいました。高校を卒業してプラプラ、友だちと遊んでばかり。口じゃ言えないようなことも、いっぱいやらかしてました。そんな僕らみたいなヤンチャなヤツばかりを集めて、社長がこの会社を作ったんです。それで、友だちがここで働くようになって、僕も手伝うようになって。当時、ここは「更生施設」なんて呼ばれていましたね(笑)。2年ぐらいして、子どもができたこともあって、正社員にしてもらいました。

現場監督もやるし、人数が足りなければ作業員にもなる

Q 現在の仕事は?

情報通信事業で、現在はCATV関連の工事を担当しています。元請けはJCOMさん。今、地域にあるCATV局がどんどんJCOMに衣替えしており、新しいサービスを提供するのに、周波数帯域が足りなくなってしまうので、それを増やすように管制局の機器も交換して、ケーブルも張り替えて。そんな大規模なリニューアル工事があと3年ぐらいは続くんじゃないかと言われています。現場は5つ掛け持ちしていて、現場監督もやりますし、人数が足りなければもちろん作業員にもなりますし、両方ですね。

今の仕事で結果を残さないと次がもらえない

Q この仕事の面白いところは?

競合他社とのせめぎあいですね。やっぱり負けたくないじゃないですか。やりたいところに業者さんが集まってきた時に、ウチがどれだけシェアを取れるか。それは日頃からの元請けさんとの付き合いだったり、工事力だったり。今の仕事でやっぱり結果を残さないと次がもらえないので、そういうところでの競合他社との勝負が一番やりがいを感じますね。元請けさんに対しても、そこも1つの戦いだと思うので、言うことは言う、やることはやる。それが自分の思い描いたように進んでいくと面白いなと思います。

夜、寝ていて起きないとか論外。1時間以内に現場へ、1時間で直す

Q 逆にツライところは?

昼夜問わず働くところです。夜間の現場っていうのもありますし、24時間メンテナンスをやっているので、いついかなる時も電話が来たら行かなければならない。夜、家で寝ている時も呼ばれたら行きます。酒は、当番の日は飲めないですね。出動がかかったら2人行かなきゃいけないので、通信の部門で2人ずつ2交替ですね。週3日のペース。それがツライですね。寝ていて起きないとか論外なので。電話が鳴ってから1時間以内に現場に着なきゃいけないルール。それで1時間で直さなきゃならない。計2時間という縛りがあるので。

自分のことを会社が信頼してくれる。自由にやらせてくれる

Q この会社の一番の魅力は?

やる気がある人間には自由を与えてくれるところ。基本的には、信頼して任せてくれる。全員が全員、任せてもらえるかというと違いますけど、任されて、利益を出していれば、自由にやらせてくれる。自分で仕事を取る、取らないも決められるし、そこへの信頼があるのはいいですね。社長の方針だと思うのですが、社長は案外、任せて、任さず。夜10時11時でも、しょっちゅう電話がかかってきます。いきなり「あれ、どうした!?」から始まるんで、「何のことですか?どなたですか?」って(笑)。

PROFILE

2017年 8月入社三藤 武志
テクニカル事業本部 公共事業設計積算部門 主任
02

飲み会スルー、なにそれ? もったいない。
せっかく、こんなにいろんな人と出会えているのに

コンビニバイト生活から一念発起。手に職つけて生きていく

Q 入社の経緯は?

大学時代からずっと、コンビニでアルバイトしていて、卒業してもそのまま続けていました。その時は、福岡。27歳になって、手に職をつけようと職業訓練校に通い、二種電気工事士の資格を取りました。それでハローワークに行って求人があったのが、この会社。実家は広島ですが、自分が育ったのは福岡。福岡のほうが長いんですよ。だから福岡で働こうと最初は考えていました。自分が生活していた宗像市に美鷹の支店があって、近いなと思ったのがきっかけです。でも今は、東京でもいいかなと思っています。こちらのほうが仕事もいろいろ経験できますし。

公共工事の現場代理人として現場管理。手が空くと他の現場を手伝う

Q 現在の仕事は?

公共工事の現場代理人です。足立区が出している電気関連の公共工事の現場管理を担当します。今、携わっているのが、足立区の街路灯の交換やポールの移動などの工事。工程を管理したり、現場作業者の手配をしたりします。現場事務所があれば、そこに毎日通います。工期はだいたい5カ月ぐらい。足立区の街路灯は始まったばかりで3月末まで。あとは、区役所への対応もあります。担当の方と打ち合わせて、必要な書類を準備して。現場代理人ではない時は、他の公共工事や別の部署の電気工事の現場で、照明など電気関連の手伝いをやったりします。

現場も、働いている人もさまざま。経験を積み重ねることが今は大事

Q この仕事の面白いところは?

面白いって言えるのか、よく分からないですが、部署もいっぱいあって、いろんな事業をやっているので、自分自身いろいろな経験ができるところが、面白いところかなと思います。人が足りない現場があれば、そこへ行って手伝います。現場もさまざま。いろんな場所に行けるし、普段は入れないような場所にも入れる。働いている人もさまざまですから、そういう経験ができるのは面白い、かな?(笑)自分はまだ修行中だと思っているので、何よりも経験することが大事かなと思っています。

夏休み期間中に終わらせる学校の公共工事。休みたくても休めない

Q 逆にツライところは?

休みが取りにくいところです。例えば、今年の夏、学校(中学校)の公共工事が取れて現場代理人をしていましたが、夏休み期間中に終わらせるという予定だったので、ずっと毎日、休みなく現場に入っていました。あとで連休を取ったり、手が空いた時はまとめて休みを取ったりはできます。今は工事がたくさんあって手伝いに行くことも多いので、なかなか空かない。それがずっと続けば、結局休めない。それが大変なところだとは思います。

こっちの現場は人が足りなくて困っていると聞けば、駆けつけるのが家族

Q この会社の一番の魅力は?

家族的だというところ。社長も、社員は家族と思っている感じはありますね。以前、事務所の中でご飯を炊いて、炊き出しをよくやっていました。現場から帰ったら、晩ご飯が用意されているみたいなことはありましたね。こっちの現場は人が足りないと聞けば、みんな忙しくても嫌な顔せずに駆けつけて手伝う。そんなところも家族的でいいじゃないですか。あと、飲み会がいっぱいあるのも自分はうれしいです。最近は、会社の飲み会はスルーする風潮らしいですが、何でですかね?もったいないじゃないですか、こんなに変な人がいっばいいるのに(笑)。

REQUIREMENTS募集事項

応募資格 高卒以上
※有資格者は優遇いたします。(施工管理技士、電気工事士など)
勤務地 東京都、埼玉県、神奈川県、宮城県、福岡県
職種 ①施工管理(管理職) ②現場作業員 ③一般事務①施工管理(管理職)
②現場作業員
③一般事務
勤務時間 9:00~18:00
給与 ①35万円~ ②25万円~ ③16万円~ ①②③共に昇給年1回、賞与あり
※勤務地によって、若干異なる場合がございます。
①35万円~
②25万円~
③16万円~
①②③共に昇給年1回、賞与あり
※勤務地によって、若干異なる場合がございます。

①経験者 ②資格保有者 ③見習い
その他 各種保険あり(雇用保険、健康保険、厚生年金、労災保険)
※試用期間として、有期雇用契約にて採用の場合もございます。
※有期雇用契約での採用の場合は、雇用保険と労災保険のみ加入となります。
※料完備・社食有
応募方法 履歴書を下記住所までご郵送ください。
〒121-0072
東京都足立区保塚町3-30
株式会社美鷹
採用担当者 宛

※弊社ではプライバシーマークを取得しています。
履歴書送付の際は、個人情報の取扱いについての書類(下記)を同封いただきますようお願いいたします。

○○○で、日本一の会社になる

相手を想うことのできる日本一の社員を育成すること。
それが社長である私の、一番の使命です。

かの西郷 隆盛公は、こんな言葉を残しています。

――電信を設け、鉄道を敷き、蒸気仕掛けの機械を造る。
こういうことは、たしかに耳目を驚かせる。
しかし、なぜ電信や鉄道がなくてはならないのか、
といった必要の根本を見極めておかなければ、
いたずらに開発のための開発に追い込まわされることになる。

モノをつくる、建設をする。その過程では、つくったものを必要とする人々への想い、
その心が何より大事だと、西郷 隆盛公は教えてくれます。
私たちも通信工事や電気工事を中心とした、いろいろなモノづくりをしていますが、
ただ造って終わりという設備施工会社であってはならないと思っています。
相手への想いを入れて造ったものが、何十年も残る。
便利になって良かった、住みやすくなって良かったと、後世の人の、心の中に残る。
私たちは、そんな想いでモノづくりする会社。そんな想いを持つ仲間の集まりです。

よく、社員には「日本一の会社になる」と言っています。
どんなことで、日本一になるのか。それは、社員のみんな次第。
家族的な会社で日本一、でもいいし、持てる夢の数で日本一、でもいい。
○○○で、日本一になる。
○○○には、社員が好き勝手に言葉を入れてほしいと思っています。
そんな社員達が【大空高く美しく舞う鷹のように】
育てて頂いた方への恩返しの為に

  • 100人の社長を束ねて日本一の企業になる
  • 代表取締役社長 藤田 信博